So-net無料ブログ作成
検索選択

オリンピック [よた日記]

ビックリしたというか、飽きれた記念です。

2013年9月8日01時24分 五輪最終プレゼン、安倍首相の発言要旨 : 五輪招致 : 特集 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

> 影響は福島第一原発の港湾内の0・3平方キロ・メートルで完全にブロックされている

2013年9月8日1時33分 朝日新聞デジタル:汚染水「現在も将来も問題ない」 プレゼンで安倍首相 - 政治

> 状況はコントロールされている。決して東京にダメージを与えることを許さない

まー、オリンピック招致の為のプレゼンですから、例えば

『事故直後に比べればましになりましたが事故収束の目処すらたっていません。
溶け落ちた核燃料だったものは、今どこにあるのかわかりませんが、それが何か問題ですか?
わかっても回収することは出来ませんから、知る必要はないのです。
それに核燃料では改憲、消費税増税に繋がらないから興味がありません』

『重要なのは、当時の野田総理は嘘をついたと言う事です。民主党は嘘つきですね。
その点、我が自民党は「TPP断固反対。ウソつかない。ブレない」と自分でポスターに書くほど、TPPに断固反対ですし、嘘をつきませんし、ブレもしません。
当時の菅総理が海水注入を止めさせたというデマをメールマガジンに書くこともありません。
ついで申し上げますが、消えた年金記録問題では「最後のお一人にいたるまできちんと年金をお支払いしていく」と約束しました。日本の年金は100年先まで安心です』

『海洋汚染に関しては心配いりません。誤魔化せる範囲です。
でも地下水の汚染がバレてしまいました。
参議院選挙まではちゃんと隠していたのに。不覚です。
今まで散々隠蔽してきた東電がバラしてしまったのです。
東電の根性なしめ!
おかげで政府も批判されていますよ、もちろんそんなもの聞きませんが。
大丈夫、国民は馬鹿だからすぐ忘れます』

『汚染水タンクの増設にも限界がありますので今後は海洋に投棄します。
あ、でも事故ってない原発でも同程度汚染してますから問題無いです。
それにトリチウムだけに注目させていますし、なしくずし的にやるので大丈夫です』

『現在も将来も汚染は続くでしょう。もっと悪化する可能性もあります。
少なくとも4号機使用済核燃料プールを何とかするまでは、オリンピックどころではないでしょう。
立候補する事自体がおかしいのですけどね。
都知事は伝統的に余計なことしかしないんですよ』

『でも安心してください。楽観的に見れば大丈夫です。
なにしろ日本政府がお金を出す事に決めました。
拝金主義のIOCの皆さんなら、よくご存知でしょう、お金で解決できない事はないのです。
東京は大丈夫です。
報道機関はコントロール下にあり、都合が悪い事実は完全にブロックしていますから。
原子力ムラにダメージを与える事は許しません』

てな事は言えないでしょうけどね。

# 福島原発の懸念に対して『東京は安全』『東京にダメージを与える~』って、それだけでも酷いです。

nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 3

noga


安全は大好きだ。神話も好きだ。安全神話作りは得意で、すぐに信じられる。広めるのもたやすい。
我が国の国策は、安全神話と深く関係しているに違いない。
だが、最悪のシナリオを想定するのはひどく難しい。恣意(本音)の人ならそうなる。
これは、平和ボケのようなものか。

太平洋戦争初期に、フィリピンの米比軍はキング少将もジョーンズ少将も投降して、75000人以上の将兵の命を救った。
太平洋戦争後期に、日本軍は米空軍の飛来をゆるし、1945年3月10日未明、東京の下町の江東地区がB29約300機による空襲をうけ、死者10万をこす被害を出した。
日本人の指導者には、作戦の成否を予測する力はないのか。
人命の尊重はどのように考えられていたのであろうか。

それでも日本人は、原発の再稼働を選んだ。
一億総ざんげへの道。動き出したら止まらない。
この道は、いつか来た道。ああ、そうだよ、民族の歴史は繰り返す。

意思のあるところに方法はある。(Where there’s a will, there’s a way).
意思のないところに解決法はない。
意思は未来時制の内容であり、日本語には時制がない。
それで、日本人には意思がなく、解決法が見つけられない。
自然鎮火を待つのみか。成り行き次第。

>親戚のじいちゃんはガ島で地獄を見てきた。
>「あれは決して国のために尊い命を落とす姿じゃ無かった」という言葉を忘れない。
兵卒は優秀。参謀は愚鈍。日本語脳の定めであるか。理不尽に耐える心を養うべきか。
耐え難きを耐え、忍び難きを忍んで、もって万世のために太平を開かんと欲す。

不自由を常と思えば不足なし。
座して死を待つか、それとも腹切りするか。
私の父は、玉砕した。何のお役に立てたのかしら。
安らかに眠ってください。過ちは繰り返しますから、、、、

わかっている、わかっている。皆、わかっている。
ああしてこうすりゃこうなると、わかっていながらこうなった、、、、、
十二歳のメンタリィティには、知恵の深さが見られない。教養 (洞察力) がない。
わかっちゃいるけど やめられない。ア、ホレ、スイスイ、、、、

白く塗られた黒いオオカミの足を見破ることは難しい。
だます人は悪い人。だまされる人は善良な人。おとり捜査は難しい。
この調子では、人の命はいくつあっても足りるものではない。
我々は、自らは望むことなく危機に陥る民族なのか。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/





by noga (2013-09-13 03:13) 

Umi-Bozu

「失敗から学ぶ」事が苦手ですね。「水に流す」「死んでお詫びする」とか「辞めてお詫びします」ってのは失敗の本質を解決・学習しないまま、何もなかった事にする行為ですから。
よく登山で遭難するとマスコミもそれだけを取り上げて騒ぎますが、何が良くなかったのか、どうすればそのリスクは回避できたのか、深く考察して、広く啓蒙する事がありません。亡くなった人のことをどうこう言うのは「死者に鞭打つ行為」と見なされ忌避されますが、これじゃ何も成長しないのですよ。
by Umi-Bozu (2013-09-15 09:45) 

HONDA-S

> noga さん
ご訪問&コメントありがとうござます。
しかも長文(^^;
自分の無知ゆえ、理解できないところもありますが・・・。

> Umi-Bozu さん
ご訪問&コメント&nice!、いつもありがとうござます。

> ご両名へ
おっしゃる通り、日本人はまたミスを繰り返そうとしているように感じます。
福島原発事故は世界の誰も経験した事がない大災害です。それにも関わらず、国家プロジェクトとして事故対応にあたるわけでもなく、挙句の果てに事故は収束したとか、コントロール下にあるとか、ウソばかり。
まるで、権力者の不祥事をもみ消しているように原子力災害をもみ消せると思っているかのようです。
by HONDA-S (2013-09-17 12:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。