So-net無料ブログ作成
検索選択

F1ブラジルGP前(5) ストーブリーグ [F1]

マッサがフェラーリと契約?
> 2008年末までとされる同チームのフェリッペ・マッサとの契約を、さらに2年間延長し、2010年までとしたことを発表した。

勘違いしていた。2008年の契約はあったのか。2007年で契約切れかと思い込んでいた。
ま、マッサとフェラーリの事なんで、どうでも良いと言えば、どうでも良いのだが・・・・。
2009年、2010年の分をここで発表する意図はなんだろう?

FMotorsports F1: マッサ、2010年までフェラーリ残留
http://fmotorsports.cocolog-nifty.com/f107/2007/10/2010_91dd.html
> フェラーリ・チーム内でのトッド親子の存在感があらためて示された結果となった。

という事なんだろうか?

Impromptu Detour SE: まさか!?マッサが契約延長
http://idse.seesaa.net/article/60999734.html

> フェラーリお家騒動の予感!?

ブラウンが戻る前に、トッドのチームにしておこう、って事なのかもしれない。

おれは、邪推しなければいけないので、無理に考えてみる。
マクラーレンは長年、二人のドライバーを平等に扱ってきたと言っている。マクラーレンは、可能な限り同じチャンスを与えようとして来たのだろう。その点で嘘は言っていないと思う。
だが、エンジンやタイヤには個体差があるだろうし、性格の好き嫌い、国籍、人種などの差別があるかもしれない。まったく同じには出来ないだろう。

それで問題が起きなかったのは、ドライバー間に明確な差があったときだ。
セナとベルがー、ハッキネン/ライコネンとクルサード、平等に扱っても、速い方が速いし、強い方が強かった。
ラウダとプロスト(の時代は知らないけど)、セナとプロスト、(ウィリアムズだけど)ピケとマンセル・・・・今年のアロンソとハミルトン。力が拮抗した場合に問題が起こる。
・・・・どちらかというと、我の強さが拮抗したときかな?

今年のフェラーリは --- 大変珍しい事だが --- 二人のドライバーのどちらかを優遇する事をしなかった。
少なくとも、そのように見える。以上を勘案し、マッサの契約延長は、2008年のライコネンの優遇を保証するものではないか、と邪推する。



2007-10-18追記、↑ ひねくれ度合が足りなかったようです。

F1通信:F1関係者、マッサの契約更新に困惑
http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51105079.html

> 例えば、チームはマッサの契約は2010年末まで延長されたと発表したが、彼が常にレース・ドライバーを務めるとは明記されていない。

なるほど、ドライバー以外にも色々仕事はあるって事ですね。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(3) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 2

マ・クデ大佐

私の「マッサクビ」説はあえなく撃沈w
by マ・クデ大佐 (2007-10-17 15:47) 

HONDA-S

> マ・クデ大佐さん
コメントありがとうございます。

契約を残しつつ、トロロッソに出向とか<マッサ
なにかの条件で、一方的に破棄できるとか・・・・何が起こるかわかりません。ライコネン=ファースト、マッサ=セカンドで、長期安定を狙ったというのが、わたくしの邪推ですが(^^;
by HONDA-S (2007-10-17 17:24) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 3

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。